話し方教室の費用
2017.06.21

応援話し方教室にかかる費用は、主催者によって差があります。また、主催する団体も、個人から企業、公共施設と様々で、大都市圏と地方都市とでも差があります。入学時に気を付けるのは、その教室の特徴です。同じ話し方教室でも、ア)音読や朗読、イ)挨拶やプレゼン、ウ)コミュニケーション、エ)あがり症対策、など、指導の中心が、違う場合があるので、ニーズに合った教室を選ぶことが、大切です。
具体的な指導内容についても、主催者によって違いがありますが、共通するのは、特化した部分の指導時間が、多いということです。ごく一般的な教室の指導内容は、①発音・発声の基礎…2回、②文章を読む…2回、③発想力、描写力アップ…1回、④プレゼン力アップ…1回、⑤スピーチ実践…4回の合計10回の講座になっています。こうした指導を受けるのにかかる費用ですが、月曜日朝刊の折り込みチラシやテレビでおなじみの通信教育の元祖は、CD視聴の毎日15分の学習で38000円です。
その他、全国の主要都市で主催されている教室は、3ヶ月間合計12回の指導で、49900円ですが、女性に来てほしいと、1000円安くなっています。同じような経営をしている他社では、3ヶ月コースが合計12回の54000円(48000)、2ヶ月コースが合計8回の38000円(36000)、1ヶ月コースが合計4回の21000円(20000)となっています。( )内は女性料金で、女性の受講者が少ないようです。
大都市圏では、トークジムとして、昼、夜、休日の3コースを設け、あらかじめ購入したチケットで自分の都合のよい時に指導を受ける教室もあります。入学の前に話力チエックやコミュニケーション相談があり、それぞれ2000円が必要です。5000円の入学金を納めると6ヶ月有効の4回チケット24000円か6回チケット30000円、1年有効の12回チケット48000円となっていて、回数が多いほど安くなるようです。
これが、10名程度の定員制の教室になると、週1回、3ヶ月間の計10回で、入学金が20000円+税、授業料40000円+税の合計60000円+税となります。著名人による指導も3ヶ月、15回でテキスト、税込みの60000円と、少人数になると割高ですが、細かな指導が受けられます。
テレビ局のカルチャーセンターでは、同じような期間で、6回16848円+教材本1080円。とか、入学金5000円+税、税込み4回17280円と、安くなっています。指導内容をよく調べて、月謝とも比べながら、話し方の変わる教室を見付けたいものです。

▲ ページトップへ